10万円以下は自腹がお得?車の修理に保険を使うべきかの判断方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車修理

縁石に乗り上げたなどの小さな事故で車体が傷ついた時、車両保険を使って修理すべきなのか迷いますよね。

車両保険を使えば自己負担は免責金額のみで済みますが、等級がダウンして翌年以降の保険料が上がるため、必ずしも得策とは言えません。むしろ、金額によっては自腹で修理した方がいいケースも多いです。

平成25年10月から、大手損保会社は保険料に関する規定を変更しました。これにより、事故後の割引率にペナルティが付くようになってしまいました。したがって、車両保険を使うかどうかの判断は以前より慎重に行うべきです。

今回は、車の修理に車両保険を使うかどうかの判断基準、そして自腹で修理する場合の注意点などをお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

■ 目次

1.車の修理に車両保険を使うかどうかの判断基準

車両保険を使うかどうかの判断をするとき、まずはノンフリート等級の改定について知っておくべきです。以前よりも事故を起こした後の保険料が高くなっていますので、それを考慮して車両保険を使うべきか判断しましょう。その他、免責金額の設定や特約によっても条件が変わるので、総合的な判断が必要になります。

1-1.ノンフリート等級の事故有係数で保険料が高くなる

平成25年10月以降に契約、または更新する場合、前年に保険金を受け取っていると、割高な保険料になる新等級制度がスタートしました。以前と比べると事故後の保険料負担が重くなります。この等級制度は、運転者が事故を起こした履歴に基づいて計算されます。事故を起こした人の保険料は高く、そうでない人はそれなりにという考え方です。

そもそも自動車保険は、等級の低い人ほど保険料が高いという仕組みになっています。事故を起こした人の等級を下げてその分、保険料を高く徴収します。

これまでは等級ごとに割引率は1種類しかなかったのですが、現在は「無事故」と「事故有」の2種類に分かれています。事故で保険金を受け取ると等級が下がるだけでなく、翌年から3年間、割引率が低い「事故有」等級が適用されることになります。その後3年間が無事故であれば「無事故」等級に戻ることができます。

各等級での事故有、無事故での割引率の比較が以下の表です。例えば10等級の割引率を比較してみると、無事故では45%なのに対し事故有では23%まで下がってしまいます。ほぼ半分の割引率になってしまうわけですね。

等級 無事故 事故有
20等級 -63% -44%
19等級 -55% -42%
18等級 -54% -40%
17等級 -53% -38%
16等級 -52% -36%
15等級 -51% -33%
14等級 -50% -31%
13等級 -49% -29%
12等級 -48% -27%
11等級 -47% -25%
10等級 -45% -23%
9等級 -43% -22%
8等級 -40% -22%
7等級 -30% -20%
6等級 -19% -19%
5等級 -13% -13%
4等級 -2% -2%
3等級 +12% +12%
2等級 +28% +28%
1等級 +64% +64%

参考:損害保険料率算出機構(+は割増、-は割引を示しております。)

1-2.等級ダウンを考慮した場合の年間保険料の算出

上記の表をもとに具体的な保険料の算出をしてみましょう。分かりやすく年間保険料が割引き無しでピッタリ100,000円だとします。そして10等級で考えてみます。

無事故であれば10等級の割引率は45%です。つまり保険料は55,000円です。翌年以降は無事故のままであれば11等級、12等級、13等級と上がるため、割引率も47%、48%、49%となり、保険料は53,000円、52,000円、51,000円で合計156,000円です。

これに対し、事故を起こしてしまうと…

翌年は7等級へダウン。そして事故有の割引率が適用され、割引率は20%になります。したがって、保険料は80,000円。同様に計算して、その次の年の保険料は79,000円、次の次の年は78,000円です。つまり、事故後3年間の保険料合計額は237,000円になります。

無事故と事故有の差、81,000円です。そして等級も4つ差がついてしまいます。この例の場合は、20等級になるまでの保険料の差額を考えれば、修理代が10万円以下、場合によっては15万円程度でも自腹の方が得策だと考えられます。

1-3.加入している保険の免責をチェック

車両保険に加入する際、免責の設定をしているはずです。免責とは、簡単に言えば「設定した金額は自腹」ということです。例えば免責金額が5万円に設定されていて、車の修理に8万円かかるとしたら、車両保険で支払われるのは3万円だけです。

修理代が50万円など高額な場合は、免責5万円でも45万円の車両保険がおりるので保険を使うべきでしょう。しかし修理代が8万円で免責5万円といった場合は、翌年以降の等級ダウンを考えれば保険を使うべきではなく、全て自費で修理すべきだと判断できます。

1-4.指定修理工場特約に入っている場合の注意点

最近になって、「指定修理工場特約」を販売している保険会社が増えてきました。どんな特約かと言うと、修理の際に保険会社側が指定する工場に入庫しなければならないのですが、その代わりに保険料が安くなるという特約です。

指定工場には保険会社の要求水準をクリアする設備が用意されているため、一見安心して任せられる気がしますが、少し注意が必要です。

というのも、保険料を抑えるために指定工場は保険会社からなるべく安く修理するように言われているはずで、本来であれば交換すべきバンパーのへこみを板金加工でなおしたり、リサイクルパーツで修理するといったことが考えられます。

指定工場は保険会社から仕事をもらっている立場なので、「この部品は交換すべき!」といった意見をあまり強く言えないのかもしれません。一番注意しなければならないのは、特約に入ってもいないのに保険会社が勧める工場に修理を任せてしまうことです。修理額を低く見積もられてしまう可能性があるため、自分で板金塗装工場を見つけて適正な見積もりを取るのが一番です。

2.車を修理に出す前に知っておきたい知識

保険会社に言われるがままに車を修理してしまうと、結果的に損をしてしまうケースが多いです。そこでここでは、リサイクルパーツを使って自費で修理をしたり、保険金を現金でもらうなど、知っているだけであなたに有利に働く知識をご紹介します。

2-1.リサイクルパーツ使用で修理代を安くできる

例えば、等級ダウンなどを考慮して計算した結果、修理代が15万円以下であれば車両保険を使わずに自腹で修理するべきだとわかったとします。

いくらで修理できるかは板金塗装工場で見積もりを取らないとわかりませんが、見積もりを取る際は、修理工場に「どうにか15万円以下で修理できないですか?」と相談してみましょう。

すると工場では、リサイクルパーツ(中古部品)を入手できないか検討してくれるはずです。部品交換が必要な箇所に、新品ではなく中古品を使うことで費用をかなり抑えることができるのです。

実際のところ、ノンフリート等級の制度改定後はリサイクルパーツを使った自費修理が増えてきているようです。結果として15万円では難しいという見積もりが出れば、その時は保険で修理すればいいわけです。

2-2.修理せずに保険金を現金でもらうことも可能

車両保険で支払われる保険金は、事故車両の修理以外に使ってはならない、なんて決まりはありません。意外に思われるかもしれませんが、保険金は何に使っても自由なんです。ですので、保険金を現金でもらって新車を購入するというケースをよく聞きます。

通常は修理代が保険会社から修理工場に支払われますが、保険会社と修理工場へ修理しない旨を伝えれば、あなたの指定した口座に振り込んでもらえます。

例えば、車検が切れるタイミングで廃車を考えていた車であれば、事故を起こした際に修理せず、もらった現金で新しい車に買い替えるのはむしろ普通の考え方です。ただし修理しない場合は、見積書に記載されている消費税分は保険金としてもらえませんので注意しましょう。

また、廃車にしない場合であっても、サイドミラーのこすり傷やドアの10円傷など、そのまま放っておいても走行に問題ない傷(車検に通る範囲)であれば、保険金をもらって実際は修理しないという選択もありです。

ただし、『飛び石被害で修理代5万円…車両保険を使うべきかの判断基準』でも紹介している通り、フロントガラスのヒビ割れのようにリペア代金がそれほど高くない場合は、自腹で修理するべきだと思います。

2-3.保険会社の保険金未払い問題

保険会社の保険金未払いが週刊誌などに取り上げられ、大々的な問題になった時期があります。保険会社としてはなるべく保険金を支払わないで済ますことが自社の利益につながるため、各部門に専門の担当者を配置して、少しでも保険金の支払いを減らそうと考えています。

その専門職の1つに「アジャスター」という査定士の存在があります。アジャスターの仕事は、事故車両の詳細を調査して損害額を算出することです。

保険で修理をする場合は、アジャスターが工場に立ち入り、事故車の状況をよく調べたうえで支払う損害額を計算します。ただ、その際にアジャスターは工場に対して、「作業費が高い」とか、「この部品は交換しなくても板金加工で十分だ」といったことを指示します。彼らは保険会社の支払額を少しでも減らそうと努力しているわけですが、私たち保険金をもらう側としてはやめていただきたい行為ですね。

アジャスターに対してしっかりと意見の言える、信頼できる修理工場を選びたいところです。

まとめ

事故を起こした時のために保険に入っているのですから、小さな傷であっても保険を使って修理したいと思うのが普通でしょう。しかしながら、保険を使ってしまうと3等級ダウンして、しかも翌年から3年間は事故有の割引率が適用されてしまうというペナルティが課されます。この辺りをよく考えて、保険を使うべきかを判断しましょう。最近ではリサイクルパーツを使って自腹で修理するケースも増えています。

また、修理代が少額なら自費修理とはじめから決めていれば、免責金額を高めに設定しておくことで保険料が安くなります。これから車両保険に入ろうと考えている方は、事前に事故時のシミュレーションをしておき、自分に合った免責金額を設定しましょう。

最後に、念のため記載しておくと、自損事故ではなく相手がある事故で、相手の自動車保険で修理できる場合に自分の車両保険からも保険金をもらえるのかというと、それは無理です。二重取りはできません。また、その際は警察に届けて事故証明を取りましょう。警察に届けていないと、保険会社は対応できませんので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料】信頼できる自動車保険をご紹介します。

自動車保険に入るときに一括見積りしたところ、同じ保障内容で保険料が約25,000円も安くなりました。中には50,000円以上安くなった人も!?

保険スクエアbang! 自動車保険では、複数の保険会社に見積もり依頼ができ、自分に合った保険が見つかります。申込はたったの5分で終わります。

【無料】最大19社の自動車保険を一括見積もり

保険スクエアbang


車を高く売りたい時は無料一括査定がおすすめ

私がトヨタのカローラを複数の買取会社に査定依頼したとき、査定額が一番高い会社と一番低い会社では21万9000円もの差がありました。

車買取比較の「ズバット」は150社以上の中から最大10社に絞って、無料で一括査定が出来るサイトです。申込は1分で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

【無料】最大10社の見積もりで一括査定


自動車保険の一括見積もり比較

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*