調布の雹被害

愛車が雹(ひょう)被害に遭ったら車両保険の適用対象なのかが気になりますよね。

2014年6月24日、東京の三鷹市、調布市を中心に大粒の雹(ひょう)が降りました。この雹の影響で辺り一面が真っ白になり、まるで6月に雪が降ったような異様な光景でした。中には数十センチも積もった場所もあるとか。

三鷹・調布での雹はかなりの大きさで、Twitterでは「ウーロンハイの氷として使える」といったつぶやきも見られました。それほど大きな氷が上空から落ちてきて、車の屋根やボンネットに当たれば傷ついたり凹んだりしてしまうのは当然です。

つまり、雹はれっきとした災害であり、車両保険が適用されます。詳しくは「飛来中または落下中の他物との衝突による損害」に当たります。ここでは知っておくべき4のポイントを記載します。

続きを読む