Drunken driving

「この文章は酔っぱらった状態で書いてます♪」なんて書いてあったら、その先は読んでもらえないでしょう。

文章ならまだしも、飲酒した状態での運転は絶対に許されない行為です。飲酒運転はれっきとした犯罪ですから。交通違反の範囲にとどまりません。

『飲酒運転はダメ!絶対!』
『飲酒運転は、絶対しない!させない!許さない!』

各自治体がスローガンを掲げて呼びかけていることで、飲酒運転に対する意識は年々改善されつつあります。兵庫県警の調べによると、飲酒運転の取り締まり件数は10年前に比べて7分の1程度、事故件数は3分の1程度まで減っています。

飲酒運転による人身事故数

出典:神戸新聞NEXT

今回は飲酒運転に対する厳しい罰則、免許の再取得の流れ、そしてお酒をどのくらい飲むと飲酒運転と見なされるかについて紹介していきます。

続きを読む