車両保険の加入率が案外低い理由※全国平均43.0%

車両保険の加入率

事故で高額の修理代が発生するときに備えて加入しておきたい車両保険ですが、2014年3月末時点の数字で、加入率が全国平均でも43.0%という事実をご存知でしょうか?

ほとんどの方が加入する対人補償、対物補償といった任意保険に比べ、車両保険の加入率は案外低いように感じるかもしれません。

ただ、加入率が低いのには理由があります。ここでは具体例を挙げながら、車両保険に加入するべきタイミング等についてまとめてみました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自損事故で車両保険を使う前に知っておきたい基本4項目

自損事故

はじめから使うこと前提で車両保険に加入している方はいないですよね。

万一に備えて車両保険に入っている方も多いのですが、なるべくなら使う機会の来ない方が良い、それが保険というものです。それに車両保険を使ってしまうと翌年の等級が3ダウンしてしまうため、軽い事故であれば保険を使うべきか悩ましいところですね。

しかし、自費負担が難しい損害額であれば車両保険は使うべきであり、そのために保険に加入していると言えます。

今回は自損事故で車両保険を使う前に最低限知っておきたい内容をお伝えします。ぜひ基本4項目を確認してみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

全損事故時の車両保険金額をより多く受け取るための交渉術

車両保険全損

運悪く交通事故被害に遭って愛車の修理が必要な時、車両保険で受け取れる保険料を修理費が上回る場合は全損と判断されます。

もし事故を起こした相手が対物超過修理費用補償特約に加入していれば、本来の保険料で足りない差額分を特約で補償してもらえるため、示談交渉でもめることなく円満に解決するのですが、それは相手が特約に加入しているという運が良いケースです。

対物超過修理費用補償特約に入っていない相手だったら、運がなかったと諦めるしかないのでしょうか。今回は全損事故時の車両保険について、より多くの保険料を受け取るためにはどのように保険会社と交渉すべきかをお伝えします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新車に車両保険をかける際にオススメしたい特約と免責設定

新車

新車を購入する際にまず悩むことに、自動車保険があります。中でも車両保険に入るかどうかで保険料が大きく違ってくるため、加入するべきか迷いますよね。

毎年払うことを考えると、保険料は車の維持費に大きく関係してくるため、どのような保険に入るかはとても重要な選択と言えます。

万一に備えて任意保険や車両保険に加入しておきたいところですが、車両保険を付けることで保険料がかなり高くなります。

今回は新車購入時に入るべき保険について、特に車両保険はどうすべきかをお伝えします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

飛び石被害で修理代5万円…車両保険を使うべきかの判断基準

stepping-stones

車で走行していると突然の飛び石!

あー、フロントガラスにヒビが… でも前の車は走り去ってしまったし、あの車が原因だという証拠もない。

こんな時、車両保険は使えるのでしょうか?

安心してください。飛び石による損害でも車両保険は使えます。ただ、免責条件や翌年の等級ダウンなど、飛び石事故で車両保険を使う際の注意点がいくつかありますので、以下を参考にしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

雹(ひょう)被害で車両保険を使う際に知っておくべき4のコト

調布の雹被害

愛車が雹(ひょう)被害に遭ったら車両保険の適用対象なのかが気になりますよね。

2014年6月24日、東京の三鷹市、調布市を中心に大粒の雹(ひょう)が降りました。この雹の影響で辺り一面が真っ白になり、まるで6月に雪が降ったような異様な光景でした。中には数十センチも積もった場所もあるとか。

三鷹・調布での雹はかなりの大きさで、Twitterでは「ウーロンハイの氷として使える」といったつぶやきも見られました。それほど大きな氷が上空から落ちてきて、車の屋根やボンネットに当たれば傷ついたり凹んだりしてしまうのは当然です。

つまり、雹はれっきとした災害であり、車両保険が適用されます。詳しくは「飛来中または落下中の他物との衝突による損害」に当たります。ここでは知っておくべき4のポイントを記載します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0